• 今こそ求められる太陽光発電の講習

    • 太陽光発電の現場では講習の必要性が叫ばれています。その背景にはニーズの高まりと、それに比例するように起こっているトラブルがあります。


      近年の地球温暖化現象は、猛暑といい、冬の豪雪といい、身近に感じられるものになってきました。

      また、大震災以降における原発への不信感や、停止したことによる電気代の高騰も深刻です。

      このような時代においては、自然の恵みを活かした、再生可能エネルギーが注目を集めます。それでも風力発電は大規模建築になりがちで、保守や景観、騒音といった懸念がつきまといます。
      水力や地熱発電にも期待が寄せられていますが、まだまだノウハウの蓄積が足りないのが現状です。

      一方、太陽光を利用したものは、古くから数々の実績を誇っており、知名度も信頼性も高いものがあります。


      そのため、多くの屋根に発電パネルが設置される光景も、珍しいものではなくなりました。
      公共施設においても、学校を中心に、広く採用されるところとなったのです。

      さらにメガソーラーといわれる大規模な発電施設も、各種に建設されるようになりました。
      中規模であれば個人で経営しているところもあり、新たなビジネスモデルが台頭しつつあるのです。
      しかしながら、利用者の急増により、トラブルも増加するようになってきました。
      これは市場の増大に伴い、未経験の業者も参入するようなったことが一因です。

      とくに屋根というものは、予想以上にデリケートなものです。

      あとからパネルを敷設すると、工事箇所から雨漏りするようになったり、破損を引き起こすこともしばしばです。


      配線が不十分で、結果として発電に支障をきたすといったケースも散見されます。


      住居の中でも屋根というものは、個体差が非常に激しいものです。
      そこへパネルを設置するにあたっては、建材への理解と、卓越した配線技術という、幅広い知識と技能が欠かせないのです。また、大規模発電施設などでの、反射光や周辺環境への影響など、様々なトラブルが持ち上がっています。これらを解決に導くためには、太陽光発電を専門とした講習を受けて、プロフェッショナルを増やしていくことが大切なのです。いくら建築や電気工事などに携わっていても、それだけで十分とはいえません。
      太陽光発電における講習には、座学により広く知識を習得すると共に、実技も必要です。
      屋根を模した教材などを積極的に活用することで、より実地に即した技能を修めることができます。

      ここできちんとした理解を得ておけば、現場にたっても、トラブルを防ぎ、また対処することが可能となるのです。
      このような太陽光発電を扱う講習は、日本各地で開催されています。自分に合ったコースを選べますし、修了時には認定証を発行してくれるところもあります。
      また、施工会社などを紹介してくれるところもありますので、就職への近道ともなるのです。
      太陽光発電に携わる前には講習を受けて、顧客から喜ばれる仕事を行っていきましょう。











      http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n128288

      https://allabout.co.jp/gm/gc/296724/

      https://news.nifty.com/amp/technology/mobile/12125-290809/

  • 関連リンク

    • 太陽光発電はどんな感じなのか

      太陽光発電はその名の通り太陽の光によって電気を作ります。二酸化炭素を一切発生せずに発電する仕組みが特徴です。...

    • 太陽光発電の保守について

      自然エネルギーの重要性がよくいわれる時代になりましたが、このようなエネルギーでよく使われるのは太陽光です。他にも風を使ったものや波の力を利用したものはありますけど、どちらも大掛かりなため一般的ではありません。...