• 太陽光発電はどんな感じなのか

    • 太陽光発電はその名の通り太陽の光によって電気を作ります。



      二酸化炭素を一切発生せずに発電する仕組みが特徴です。
      その為温室効果ガスで地球温暖化の心配が無いエコで環境に優しいクリーンエネルギーな発電と言えます。
      太陽光発電は太陽の光を使うので家や建物による設置は光が最も当たる屋上になります。



      また価値が低い空き地の不動産を持っている人の場合そこに設置して発電した電気を電力会社に売ると言う選択肢もあります。

      太陽光発電を利用するならば電気を使用出来る様電力を変換する機能と電気を送る分電盤や自宅で利用か電力会社に売ったのかを区別するメーター等が必要です。
      発電に関しては住宅用の場合平均的に5kw未満のモノが一般的です。大体そのくらいの物を設置するとなると200万はかかるとされます。



      パネルに関してはカタログ等で公称最大出力としているのがパネル一枚の場合の出力で数値が高い程変換効率が高くなる傾向です。
      同時に発電の為のパネルの大きさも大きくなるのが一般的です。
      これはあくまで目安で地域やメーカーによって価格は変わります。

      値段が値段なのでローンを組む事が出来ます。ローンなので例えば年金生活や収入に問題がある場合ローンを組む事が難しいとされます。
      この発電は自治体によっては補助金をもらえる事があります。

      ただこの補助金は先着順のケースがあり既に終了している場合があります。

      補助金を申請する場合は個人でやるには申請方法が複雑で難しいのでプロに依頼するのが一般的です。

      太陽光発電は元々人工衛星の為に開発された歴史があるのでどのメーカーも耐久性が高いとして20年以上は耐久性が期待出来るとしています。



      因に補助金が出るからといきなり自宅訪問する業者は例えるなら災害地で嘘の工事で金をとる手口の悪質業者の可能性がある為注意が必要です。

      パネルを構成しているシリコンは半永久的に稼働すると言わしめている程です。
      大体はシリコン製ですが中にはそのシリコン形成にあたって高い変換効率があるパネルを開発して其れ等を発売している所があります。ただ変換装置のパワーコンディショナは10年から15年が限度なのでメンテナンスや交換の必要性があります。



      基本的に10年経過したら新品に交換が必要であるとしています。

      https://matome.naver.jp/odai/2137831787346736601

      現在においてはパワーコンディショナの交換費用は20万から30万が目安とされています。
      今後この発電の普及率が上がれば交換費用はもっとリーズナブルに下がるとされています。またこの発電は設置を依頼する事はオーダーメイドの側面が大変強い点があります。


      業者が何処に力を入れているかで内容も変化します。


      また太陽光パネルも製造するメーカーにより特色が変わります。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7981312.html

      具体的には導入コストを抑えた物や設置にあたっての見栄えを重視したものパワーコンディショナに力を入れて省スペースでも効率よく発電するものや太陽電池の変換効率を高くしてたくさん発電するものと言った風にあります。

      http://news.goo.ne.jp/article/jijico/life/jijico-21912.html

      太陽光発電を検討しているならば知識や資料や評価等様々なデータを考慮しておく事が重要と言えます。

  • 関連リンク

    • 太陽光発電について学校で学ぶ

      今注目されている環境問題ですが、エコということを考えますと、太陽光発電というのはかなりメリットがあります。原子力発電所があることでのリスクというのは、大地震が起きてしまった時からかなり注目されていますが、発電ということで考えますと、エコナ方法もたくさんあります。...

    • 今こそ求められる太陽光発電の講習

      太陽光発電の現場では講習の必要性が叫ばれています。その背景にはニーズの高まりと、それに比例するように起こっているトラブルがあります。...